ちんこでオーガズムを感じた時の感覚とは!?〇〇で強烈な絶頂を味わえる!

ちんこでオーガズムを感じた時の感覚について徹底解説していきます!

文字で表すのも難しいと言われているちんこオーガズムは、その通り言葉にならないくらい気持ちいいものです!

強烈な絶頂の内側や強烈な射精を味わう方法を見ていきましょう。

ちんこでオーガズムを感じた時、どんな感覚なのか!?

ちんこでオーガズムを感じた時の感覚を見ていきましょう。

ちんこでオーガズムを感じた時、どんな感覚なのか!?

「オーガズム」とは、性的興奮からの解放という意味を持っています。

女性の場合は中イキで痙攣したりしますが、これをオーガズムと言います。

ちんこでオーガズムを感じることも可能で、通常の射精よりも強烈な気持ちよさを味わうことができるでしょう。

「ちんこオーガズムがどのような感覚か」と問われたら、言葉で返すのは非常に難しいです。

それくらい形容しがたい快楽だからです。

例えば、射精の瞬間に気持ちよさで頭が真っ白になって、息も上がって声も出てしまう。

ペニスから脳へ直接刺激されたような快楽がありますよね。

 

ちんこオーガズムの特徴1

ちんこオーガズムに達した場合は、ペニスから精液が流れ出る瞬間の快楽が尋常ではなく、脈うつように放出されます。

脈うつように射精する中、精液が出されてペニスがビクビクするタイミングで、毎回絶頂を迎えるような感覚だと考えてください。

射精が終わった瞬間に解放感と共に疲れがどっと出てきて、無気力になるのも特徴的でしょう。

ちんこオーガズムは通常の射精の何倍も気持ちいいのは確かですが、簡単に味わうことができるわけではありません。

ちんこオーガズムの特徴2
ペニスの刺激の他、脳内で高い性的興奮に支配されていないと、ちんこオーガズムに達することはないでしょう。

ちんこのオーガズムは女性版のクリイキ!?

ちんこのオーガズムは女性の「クリイキ」と似ていると言われています。なぜ、ちんこオーガズムがクリイキと似ていると言われているのか、見てきましょう!

ちんこのオーガズムは女性版のクリイキ!?

厳密にいうと、女性のクリイキと射精は違います。

射精は精液の放出そのものが気持ちいいのですが、クリイキの場合は何も放出しませんよね。

そのため、女性が射精の快感を知るのは不可能とも考えられています。

しかし、ちんこオーガズムの場合は、「精液を放出する前後のタイミングでも射精時と同様の快楽」があります。

このちんこオーガズムの快楽が、女性のクリイキと似ていると考えてください。

女性のクリトリスには亀頭の2倍の神経が通っていて、クリトリスと亀頭を同じ力で刺激した場合、どうしてもクリトリスのほうが快感を感じてしまいます。

しかし、刺激が強かったのであれば、クリトリスと同じくらいの快楽を味わうことは可能です。

このタイミングで、ちんこオーガズムに達します。

当然射精も伴いますが、通常の射精と比べて頭が真っ白になり、解放されるまではいつまでも気持ちよさを味わうことができます。

中には、ちんこオーガズムで女性のように痙攣してしまうという人もいるでしょう。

絶頂した反応が似ていることから、ちんこオーガズムが女性版クリイキであると言われる理由のひとつとも考えられます。

 

また女性はクリイキよりも圧倒的に中イキの方が気持ちよいです。

経験上中イキさせてあげると一気にエッチが好きになることが多いです。

僕も最初は全然できませんでしたが、いろいろ調べたり友人に聞いたりして少しずつマスターしました。

友人や僕がやっている方法のなかでも特に中イキさせやすいテクニックをまとめたので、チェックしてみてください。

↓↓↓

ペニスで中イキさせる方法!感覚とコツをつかんで簡単にイカせるテクニックと練習の仕方

女性が中イキすると、もちろんこっちも気持ちいいです。

友人のHくんは彼女をようやく中イキさせれて、お互い幸せな気持ちになれたと言っていました。

ちんこでオーガズムを感じない!その原因は!?

ちんこでオーガズムを感じない、感じたことがないという場合の原因を紹介します。

ちんこでオーガズムを感じない!その原因は!?

ちんこでオーガズムを感じた場合は、通常の射精よりもさらに気持ちよく、その分どっと疲れが出てしまいます。

それだけ「本当に気持ちよかった」と身体が感じている証拠ですよね。

男として生きるなら、一度くらいはこのちんこオーガズムに達したいと考える人も多いのですが、なかなかちんこオーガズムを感じないこともあります。

なぜちんこオーガズムを感じないかというと、単純に「興奮が足りない」せいか、「刺激が足りていない」可能性が高いです。

例えば、普段のオナニーと変わらないオナニーを毎日続けても、ペニスが快感に慣れてしまいますよね。

新しい快楽を見つけようとしても、なかなか見つけられないでしょう。

ポイント
ちんこオーガズムに達したいという場合は、オナニー方法(セックスの方法)を変えてみるのもひとつの手です。

刺激が足りない場合ですが、ちんこオーガズムを感じる場合は、「亀頭」を中心に刺激したほうがいいと言われています。

ペニスの中で亀頭が一番敏感だからですよね。

逆に、亀頭以外ではなかなかちんこオーガズムにまでは達しません。

ちんこオーガズムに達しない原因は、亀頭を刺激していないからかもしれません。

 

とはいっても僕もそうでしたが、亀頭をどう刺激していいかわからないですよね。。

僕はいろいろ手探りで勉強と実践を繰り返しました。(失敗も数しれず。。)

今、僕や友人が実際にやっている気持ちいい亀頭オナニーについて書いたので、チェックしてみてください。

↓↓↓

亀頭オナニーのやり方と注意点!厳選おすすめグッズベスト3!最も気持ちよいのは?

亀頭オナニーは気持ちいいうえ、ちんこが大きくなる効果もあるので、ついついやってしまいます。

友人のT君は相当はまってしまい、ほぼ毎日やっているみたいです。

ドライオーガズムは究極!?

ちんこオーガズムの究極版と言われる「射精しないちんこオーガズム」について紹介します。

ちんこのオーガズムの究極版は射精しない!?

絶頂と同じ意味を持つオーガズムは、「最高に気持ちいい射精をする」というイメージがありますよね。

しかし、射精しないオーガズムもちゃんと存在します!

例えば、女性のクリイキの場合は、身体をビクンビクンと痙攣させますよね。

膣内でなく乳首やクリトリスを刺激された場合に多いです。

男性もペニスではなく「乳首やアナル」を刺激されると、同じ現象が起こります。

これが、射精しないちんこオーガズムの正体です!

ポイント
射精しないちんこオーガズムのことを「ドライオーガズム」といいます。

ペニスを刺激されたわけではなく、他の性感帯を刺激されたことによるオーガズムのことです。

ドライオーガズムの場合は射精していないわけなので、通常のオーガズムよりも劣ると思っている人も多いでしょう。

しかし、ペニスを刺激しないドライオーガズムでも、射精したオーガズムと変わらない強い快感を得ることができます!

脳が「気持ちよすぎる」と反応して起こる現象で、ドライオーガズムを求めてペニスを刺激しないオナニーを開発している人もいるほどの人気です。

もちろん毎回ドライオーガズムで絶頂していたら、身体がその絶頂に慣れてしまうでしょう。

何回かに1回程度の絶頂がのそましいですし、簡単にオーガズムに達するわけではありません。

ちんこのドライオーガズムで強烈な絶頂を味わう方法

ちんこのドライオーガズムを実際に味わう方法について紹介します!

ちんこのドライオーガズムで強烈な絶頂を味わう方法

ドライオーガズムに達したい場合は、ペニスを刺激してはいけません。

ドライオーガズムが射精しないタイプのオーガズムだからですよね。

ペニス以外のどこを刺激すればいいのかというと、「アナルや前立腺」です!

アナルオナニーは非常に難しいので、セックス前の前戯等で女性にアナルや前立腺を攻めてもらうようにしてください。

この方法はペニスを刺激しないので、仮に射精するような感覚で気持ちよくなったとしても、射精する可能性は少ないです(射精してしまうケースもあります)。

射精の代わりに身体全体が痙攣しますが、快感はちんこオーガズムと変化はありません!

女性の中イキやクリイキと同じような反応をすることになるでしょう。

注意点

アナルや前立腺を攻めるのに抵抗があるという女性も多いかもしれません。

そんな場合は、女性の指や舌ではなく、道具を使って攻めてもらうようにしてください。

アナル攻めによって女性の指や舌が汚れる心配はないので、抵抗なく攻めてくれるでしょう。

また、ちんこを刺激しないドライオーガズムに達したい場合は、脳内の性的興奮も大切です。

例えば、大好きな相手に淫語を言ってもらったり、愛情を確かめ合いつつ刺激してもらった方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。