オナニーでカロリーを減らして痩せられるのか!?消費量はどのくらい!?

オナニーでカロリーを減らして痩せる事ができるのかを紹介します!

セックスは有酸素運動と同じくらいのカロリーを消費できますが、オナニーの場合もカロリーを消費し、ダイエット代わりが可能です。

「痩せたいけど辛い思いはしたくない」と考えている人は必見です!

オナニーでカロリーはどの程度減らす事ができるのか!?

オナニーでカロリーはどの程度減らす事ができるのかを見ていきましょう!

オナニーでカロリーはどの程度減らす事ができるのか!?

1回のオナニーでカロリーが消費されるおおよその目安は「60kcalから70kcal」で、30分程度のジョギングに相当する数値です。

松たけ子

へぇ、そんなにあるのね。

 

ジョギングよりも疲れないでその場から動かず気持ちよくなるだけでこれだけの量のカロリーを減らせると考えれば、オナニーでカロリーを消費するダイエットは無しではありません。

しかし、逆に考えると1日1回オナニーしただけでは60kcal程度しかオナニーでカロリーを減らせないと考えると、心もとない数値でもあります。

また、早漏の人やすぐにイってしまう人は、基本的にオナニーの時間も短いです。

1日に何度もオナニーをする場合は話は別ですが、1回のオナニーでカロリーが消費されるおおよその値に届かない可能性があります。

オナニーでカロリーを減らすダイエットは、他のダイエットと比べるとやや安定性に欠けてしまうと考えてください。

それでも、「1日2回オナニーを行う」だけで、おおよその目安の2倍のカロリーを消費できます。

1回のオナニーでも時間をかければ平均以上のカロリーを減らすのは可能です。

ポイント
爆発的にカロリーを減らすのは難しいのですが、「なんらかのダイエットと併用してオナニーでカロリーを減らす」を心掛けて実践するのは強くおすすめできます。

できるだけ汗をかいた方が消費カロリーも増えるので、1回のオナニーでも激しい手の動き・強い性的興奮等を心掛けてみてください。

オナニーのカロリー計算方法と消費量

オナニーのカロリー計算方法と消費量について紹介します!

オナニーのカロリー計算方法と消費量

ここで紹介するオナニーのカロリー計算方法と消費量の関係は、「絶対に当てはまる」というわけではありません。

松たけ子

目安よね。

 

一般的に女性の方が体重が軽いので、オナニーのカロリー計算方法におけるカロリー消費量は少な目になっていますが、体重が重たい女性の場合はこの限りではないと考えると、イメージが湧きやすいです。

あくまでも「オナニーでどの程度のカロリーが消費されるか」の基準だと考えてください。

チェック

男性のオナニーのカロリー計算方法と消費量

体重(kg)×0.0464×オナニー時間(分)

女性のオナニーのカロリー計算方法と消費量

体重(kg)×0.0464×オナニー時間(分)×0.87(補正係数)

男性と女性でそれぞれオナニーのカロリー計算方法・消費量が違うのが特徴です。

女性の場合は男性よりも体重が軽いので、その分カロリーの消費割合が少なくなりがちです。

消費割合も含めて考える必要があるので、女性のオナニーのカロリー計算方法・消費量においては、補正係数として0.87が乗算されています。

男性よりも女性の方がオナニーのカロリー消費が少なくなっているので、オナニー一本でダイエットを行う場合は不利になると考えてください。

体重が男性と同じくらいの女性の場合は男性と同じくらいの消費量が実数となる可能性はあります。

とは言っても、補正係数込みで考えた従来のオナニーのカロリー計算方法・消費量に当てはめて考えると不利であるのは変わりありません。

オナニーの質やどれくらい汗をかいたか、性的興奮をしたかもカロリー消費の判断材料となるので、実際に減らされるカロリーを計算するのが難しいです。

オナニーでカロリーを減らす際、注意したい事とは

オナニーでカロリーを減らす際に注意しておきたい事を紹介します。

オナニーでカロリーを減らす際、注意したい事とは

オナニーでカロリーを減らす場合の注意ポイントは「いかに自分も動くか」です。

松たけ子

確かに!動かないと消費しない!

 

例えば、オナニーでは男女ともに基本的には手を動かしますが、手だけでなく腰を動かしてみてください。

普段手だけでオナニーをしている場合は慣れないかもしれませんが、気持ちよくてのけぞるような感覚で身体を動かせます。

チェック
どうしても難しい場合は、男性の場合なら固定されているオナホール、女性の場合なら電マ等の刺激が強いアダルトグッズを使うのをおすすめします。

オナニーを行えば行うだけ、オナニーで減らすカロリーも増えていきます。

ポイント

そのため、可能なら1日に何回かのオナニーを行ってください。

もしくは、1回のオナニーに使う時間を増やしてみるのをおすすめします。

女性なら30分以上、男性なら20分以上をオナニーに確保するといいでしょう。

「潮吹き」を活用するのも、オナニーでカロリーを減らす際に抑えておきたいポイントです。

オナニーで潮を吹くためには、さらに強く継続した刺激が必要です。

潮吹きを目標にすれば自然と長時間のオナニーが達成できるので、オナニーでカロリーを減らすにあたっては有利になります。

同時に気持ちよさやオナニーによる自身の開発にも役立たせられます!

 

デブだけど痩せたいし、ちんこを大きくしたいなと感じている人はオナニーでカロリー消費はダイエットのちょい足しになるかもしれませんね。

↓↓↓

デブのちんこは小さいのか!?解決する方法はあるのかを調べました!

デブだとどうしてもちんこがぜい肉で隠れて小さく見えてしまいます。

オナニーでカロリー消費しながら、解決していってくださいね。

オナニーとセックスのカロリー消費量

オナニーとセックスのカロリー消費量の違いを見ていきましょう。

オナニーとセックスのカロリー消費量

オナニーのカロリー消費量は「1回でおおよそ60kcalから70kcal」です。

対するセックスの場合は、「30分のセックスで70kcalから110kcal」がカロリー消費量となります。

女性の場合は平均で70kcal、男性の場合は平均で110kcalだと考えてください。

松たけ子

相手がいたら・・・いいのよね。

 

この数値だけ見るとオナニーよりもセックスの方が多くのカロリーを消費するように思えますが、オナニーと違ってセックスは「相手がいないとできない行為」です。

そのため、お手軽さではセックスよりもオナニーの方が優れています。

セックスする相手がいるのであれば、彼ら彼女らを利用して、オナニーのカロリー消費より優れているセックスを実践するのをおすすめします。

また、オナニーとセックスのカロリー消費量は両方とも「女性の方が消費量が少ない」という共通点があります。

この共通点も女性の方が体重が重たい場合等は参考にならないので、同時にオナニー・セックスのカロリー消費量も絶対的に信用できる値でないとわかります。

注意点
どちらを参考にする場合でも、「あくまでもおおよその値である」と頭に入れておいて、消費できる数値を過信しない方がいいです。

オナニーもセックスも工夫次第では平均以上のカロリーを消費できます。

長い時間行為を続ける・腰の動きを激しくする等が特に有効で、いずれもセックステクニックの向上にも役立たせられます!

 

オナニーでもオナホとか使えば挿入の練習はできます。

ぜひ挿入のテクニックを身に着け、カロリーもしっかり消費しましょう。

↓↓↓

【知らないと損】ペニス挿入方法!コツやテクニックを伝授!気持ちいい深さ、角度を暴露

ぶっちゃけ・・・女の子の膣の形は違うので実践した方がいいんですけどね。

オナニーでカロリーを減らしてダイエットできた人・できなかった人の違い!

オナニーでカロリーを減らしてダイエットできた人とできなかった人の違いを紹介します。

オナニーでカロリーを減らしてダイエットできた人・できなかった人の違い!

オナニーでカロリーを減らせた人の共通点は「オナニー以外にもダイエットを行っていた」でしょう。

松たけ子

オナニーだけはさすがに無理って事ね。

 

確かにオナニーでもカロリーを減らせますが、長時間かつ1日に複数オナニーをしたとしても、多くて100kcalから150kcal程度が限界です。

この数値だけで確実にダイエットできるのであれば問題はありませんが、太っているのを気にしている人にとっては、オナニーだけではどうしても不充分だと考えてください。

そのため、オナニー以外のなんらかのダイエットが別途必要となってきます。

ジョギングや筋トレ等、なんらかの形でカロリーを消費するのを心掛けてみましょう。

オナニーでカロリーを減らせなかった人は、その他のダイエットを怠りオナニーだけにとどめているか、1回のオナニー時間が短い等の問題があります。

生活習慣やオナニーのやり方を見直せば簡単に解決できる問題ではあるので、そこまで重く考える必要はありません。

また、「オナニーがダイエット代わりになった」事を実感しづらいのもポイントのひとつです。

多くの人はオナニーくらいの運動ではダイエットにならないと考えているので、急に痩せた場合の原因がわからなくなっているのだと考えてください。

オナニーのカロリーまとめ

オナニーのカロリーについて紹介しました。

オナニーのカロリーまとめ

オナニーのカロリー消費量はそこまで大きなものではありませんが、コツコツダイエットをしたい人にとっては重要な数値となります。

自分なりにオナニーを工夫するといくらでもカロリー消費量を増やせるので、できるだけ身体や腰を大きく動かすオナニーを実践してみるのをおすすめします!

オナニーだけでなく他のダイエットと併用してカロリーを減らすのが一番大切なポイントです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。