射精をコントロールする方法・コツ・トレーニングまとめ!早漏・遅漏を卒業!

射精をコントロールする方法を紹介していきます!

射精のコントロールができなかった場合、女性から「早漏・遅漏」と思われて嫌われてしまいます。

コツやトレーニングを抑えて、自在に射精をコントロールしましょう。

セックスがさらに気持ちいいものになる事間違いなしです!

射精をコントロールする方法

射精をコントロールする方法を紹介します!

射精をコントロールする方法

射精をコントロールする方法は大きく分けて2つあります。

「セックス時に我慢する」と「コツコツとちんこを鍛える」です。

どちらも大切な射精をコントロールする方法なので、合わせて見ていきましょう。

セックス時に我慢する、射精をコントロールする方法は、単純に刺激に耐えればいいだけです。

さすがにセックスする際に彼女以外を考えるのは自分のモチベーションにもかかわってくるので、おすすめはしません。

ポイント1
まずは、腰の動かし方や挿入角度等を工夫して、早漏・遅漏どちらにもならないような体位を考えるのをおすすめします。

また、心を大きくリラックスさせて不安や緊張のないセックスをすると、性的興奮を直に感じやすいです。

なかなか射精できない場合は、まずは心を落ち着ける事からはじめてください。

コツコツとちんこを鍛えて射精をコントロールする方法もおすすめです。

ポイント2
いわゆる「チントレ」と同じですが、射精をコントロールする方法ではPC筋を鍛えたりスクワットするのが特に有効です。

下半身を鍛えて全体的なスタミナをつけ、ちんこも鍛えるのが可能です。

セックス時に我慢を抑えた上で、コツコツと継続的にちんこを鍛えるのがベストで、射精をコントロールする方法の中でももっとも近道です。

射精をコントロールするコツやトレーニング!

射精をコントロールするコツやトレーニングについて紹介します。

射精をコントロールするコツやトレーニング!

射精をコントロールするコツとトレーニングを抑えておくと、実際にセックスした時にちんこが耐えてくれる・遅漏にならずに射精できる可能性が高くなります。

気持ちよくお互いが満足できるセックスには欠かせません!

射精をコントロールするコツですが、一番大切なのは「リラックスする」でしょう。

適度にセックス以外を考えるのはおすすめですが、彼女の事で頭にいっぱいにしたい場合は、場数をこなして多少では性的興奮を感じないようにトレーニングするしかありません。

セックスの場数を踏んで様々な経験するのも、射精をコントロールするコツを実践するためのトレーニングです。

また、「PC筋のトレーニング」もおすすめです。

これは、射精をコントロールするコツというよりトレーニングの側面が強く、骨盤底筋(PC筋)を鍛えるとで持続力がアップします。

チェック

おすすめのPC筋トレーニングは、5秒間肛門を締めて5秒間肛門を緩めるトレーニングです。

肛門の力をコントロールするトレーニングになりますが、ちんこ・下半身周りにも影響があります。

おおよそ朝・昼・晩に10回づつの30回も行えば問題ありませんが、余裕があるなら寝る前にもPC筋トレーニングを実践したいです。

寝る前だとテストステロンが体内により多く分泌されるからです。

 

PC筋のトレーニングとともにBC筋も鍛えてください。

↓↓↓

ペニスの鍛え方はBC筋とPC筋で決まる!筋トレするメリット・デメリット

筋トレによって射精のコントロールがしやすくなります。

射精をコントロールするのは呼吸がキーです!

射精をコントロールするのは呼吸が特に大切です!

射精をコントロールするのは呼吸がキーです!

射精のコントロールに呼吸が大切である理由は、「リラックスすれば射精をコントロールしやすくなる」事にあります。

呼吸を行えば少なからず緊張からは多少解放されます。

リラックスしやすくなるのだと考えてください。

ポイント
射精をコントロールするための呼吸法ですが、「短く息を吸って長く息を吐く」と、よりリラックスしてセックスに望めます。

まず、射精をコントロールするためには、性的興奮やリラックス度が高い時に敏感になる神経の「副交感神経」を大きく維持する事が大切です。

副交感神経は息を吐くと大きく得られるので、吐く時間を長くすればいいのだと考えてください。

適切な射精をコントロールするための呼吸の適切頻度はそれぞれですが、おおよそ「スーゥ(吸う)、ハーーーァ(吐く)」を心掛けて呼吸をしてみてください。

吸うよりも3倍くらい吐くようにしましょう。

これは「セックスする際の射精をコントロールする方法」ですが、呼吸でトレーニングも可能です。

普段から副交感神経を高く維持するトレーニングだと考えましょう。

チェック

まずは、2秒程度息を吸って、3秒間呼吸をストップします。

その後10秒かけて鼻からゆっくり息を吐き、最後に口を開けます。

これをオナニー中射精したくなくなるまで続けてください。

射精をコントロールすれば早漏もバレない!

射精をコントロールすれば早漏がバレる事もありません!

射精をコントロールすれば早漏もバレない!

普段のセックスで早漏だと悩んでいる人ほど、射精コントロールで早漏改善に取り組むのは大切です。

少しづつ慣らしていかないと、いつまで経ってもちんこは鍛えられず、射精をコントロールできずに早漏のままだからです。

早漏の人のおすすめの射精コントロール方法ですが、一番大切なのは「刺激に慣れる」です。

射精をコントロールするトレーニング中に早漏の人は射精してしまいがちです。

まずは、トレーニング中くらいは刺激を我慢するように心掛けてください。

チェック
具体的なトレーニング法ですが、例えば「オナホールを使ってオナニーをする」「亀頭オナニーをする」等、セックスに近いオナニーの実践をおすすめします。

オナニーの刺激がセックスと近いものになるので、本番のセックスでちんこが射精に耐えてくれる可能性が高くなります。

ポイント

「慣れさせる」のも射精コントロールで大切で、早漏の人は特に実践をおすすめします。

また、「もうすぐ射精しそうだ」と自分で把握するのも、射精をコントロールして早漏を改善するのに必須です。

射精しそうになったら手を放す等して射精できないようにしてください。

これもトレーニングのひとつで、寸止め効果で少しづつちんこに刺激を慣れさせる役割があります。

 

もう一つ射精をコントロールする方法があります。

それは「早漏防止リング」の利用です。

↓↓↓

早漏防止リングの使い方とおすすめ!本当に効果はあるのか!?【体験談あり】

勃起力や持続力も上げてくれるので、方法の一つとしてこれはおすすめします。

射精コントロールで遅漏も卒業できる!

射精コントロールで遅漏を卒業も可能です!

射精コントロールで遅漏も卒業できる!

射精コントロールで遅漏を卒業したい人は、早漏の人とは逆に「早く射精する」を心掛ける必要があります。

基本的なリラックスは絶対に忘れてはいけませんし、普段から早く射精できるように心掛けてオナニーも大切です。

射精コントロールで遅漏を卒業したい人におすすめの遅漏改善方法は、「しばらく射精しないでセックスする」です。

オナニーしなければ射精はできないので、その分精子が溜まった状態となります。

この状態だとよりちんこが敏感になり、射精しやすくなります。

久しぶりに射精できると考えると心理的にも性的興奮度は上がりますし、遅漏の人にとってはいい事づくめです!

ただし、この射精をコントロールする方法は遅漏そのものを改善できません。

遅漏をなんとかしたいと考えている人は、普段からオナニーの方法を考えるようにしましょう。

チェック

遅漏の人はセックスの刺激に慣れている場合が多いので、逆にセックスに使わない裏スジ等を刺激してみてください。

自然と亀頭やカリ首への刺激が卸かになり、その部位の刺激が恋しくなります。

セックスする時に射精をコントロールして遅漏を脱却できるかもしれません!

AV男優の射精コントロール法!

AV男優の射精コントロール方法を紹介します!

AV男優の射精コントロール法!

AV男優の射精コントロール方法ですが、前提として「AV男優は仕事でセックスをしている」と考えておくのが重要です。

仕事でセックスするので愛のあるセックスよりは割り切った考えができます。

例えば、相手を愛していなくても問題はないと考えているAV男優が多いです。

そのため、セックス中に他の事を考えて性的興奮を少なくするのが、AV男優の射精コントロール方法の主なものとなります。

もちろんAV男優が射精をコントロールする場合でも「演技」は疎かにはしません。

そこはプロの意識がどのくらい高いかにもよります。

また、AV男優は射精をコントロールするまでもなく適切なタイミングで射精できる場合が多いです。

ちんこを普段から鍛えている、チントレを欠かさずに行うので早漏や遅漏も一緒に改善しているのだと考えてください。

AV男優全員が射精コントロール方法を試しているわけではなく、身体が刺激に慣れてそのタイミングで射精できるようになった人もいます。

日頃からセックスできる環境にある人(彼女や妻がいる人等)ならセックスに慣れてAV男優のように射精をコントロールできるかもしれません。

ですが、たまにしかセックスできない人の場合だとやや敷居が高いコントロール法です。

射精コントロールのまとめ

射精コントロールについて紹介しました。

射精コントロールのまとめ

早漏であれ遅漏であれ、適切なタイミングで射精できなかった場合、彼女に幻滅される可能性があります。

場合によってはセックスが下手だというレッテルまで貼られかねません。

普段のオナニーである程度は改善できますが、セックス中の意識も大切です。

早漏の人は耐えるように心掛け、逆に遅漏の人は早く射精できるように性的興奮で頭の中をいっぱいにすることをおすすめします。

射精コントロールは気持ちいいセックスをするためには欠かせない技術です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。