我慢汁で妊娠するのか確率を体験談で徹底調査!精子との違いは味と成分!?増やす方法も

我慢汁アイキャッチ

我慢汁で妊娠する確率はどのくらい?我慢汁で本当に妊娠した人はいるの?

今回は我慢汁にまつわる情報について紹介していきます。

我慢汁と精子の違いや我慢汁を多く分泌させる方法も紹介!

我慢汁とは

皆さん、我慢汁とはなにかご存知ですか?

我慢汁とは?

男性であれば、精子と我慢汁の違いは何となくわかるはずです。

しかし両者がどのように違うのか?

どのタイミングで尿道から分泌されるか存じ上げていない人は多いでしょう。

 

今回紹介する我慢汁とは正式名称で「カウパー腺液」と言われるものです。

 

射精前などに出てくる液体で、射精の際に伴う快感とは別に尿道から分泌される液体。

女性とのセックス中にフェラや手コキをされているときの、透明の液体が我慢汁(カウパー腺液)ということになります。

 

我慢汁の主な成分は基本的に尿が主な成分で、そこに少量の精液が加わったものが我慢汁といわれるものになります。

そのため、我慢汁と精子の見た目も一目瞭然で、精子が白く半透明な見た目に対して、我慢汁はほぼ透明となっています。

 

実は我慢汁に対して誤った認識をしている人は多く、我慢汁には精子が入っていないと認識している人が多いとのことです。

我慢汁に大量の精子が多く含まれているわけではありませんが、少なからず精子は含まれています。

 

後ほど詳しく紹介しますが、我慢汁だからといって油断していると、我慢汁に含まれている精液や精子が膣内の奥に入り込んでしまい、妊娠してしまう可能性もあります。

我慢汁で妊娠するのか徹底調査!最初だけゴム派は要注意!?

我慢汁で妊娠するのか?

我慢汁で妊娠するのか?

前述では、我慢汁に少ない量ですが精子が含まれていることを紹介しました。

そのため、「膣外射精をするから」や「射精をする際はゴムつける」からといって、最初の挿入を生でする人も多いはずです。

もちろん、膣内射精をすることに比べれば妊娠の可能性を下げることは可能ですが、生挿入そのものに妊娠のリスクがあるということになります。

 

膣外射精を行っても妊娠する可能性はあります。

 

前述でも紹介したように我慢汁には精子が含まれているからです。

少ない精子でも、運良く元気な精子が我慢汁と一緒に分泌されて、膣内から子宮に入り込んでしまい、女性の卵子に着床してしまうと妊娠してしまいます。

 

女性の排卵日と生挿入セックスの時期が運良く重なれば、さらに妊娠の可能性が上がってくるでしょう。

我慢汁で妊娠するリスクはゼロではないということです。

またよくあるのが、最初だけゴムをして挿入したり、射精のときだけゴムをするようなセックス方法です。

この方法はどちらも妊娠の可能性を高めてしまう方法となります。

 

最初だけゴムをつけて挿入し、射精の際は生で膣外射精というカップルも多いでしょう。

この方法は、我慢汁が多く分泌されている状態の際にゴムを外して、生挿入ということになるはずです。

 

行き場を失った亀頭に着いた我慢汁や、これから多く分泌される我慢汁が膣内に分泌されることになります。

そのため、最初にゴムをつけていても膣内に我慢汁が分泌されると妊娠の可能性が上がってしまうだけです。

 

もちろん、その逆の最初だけ生挿入も妊娠の確率を上げてしまう行為になるので、注意が必要です。

注意
我慢汁によって妊娠する具体的な数値は不明ですが、我慢汁くらいだからといって油断してしまうと、妊娠してしまうことがあります。

子供が欲しいと考えている同士の関係であれば、特に気にする必要はありませんが、不倫関係や子作りを考えていないカップルは、生挿入はなるべく控えるようにしましょう。

我慢汁の妊娠確率!危険日は細心の注意を!

我慢汁の妊娠確率はどのくらい?生挿入の危険日が存在するので、具体的に紹介していきます。

我慢汁の妊娠確率は?

 

まずは我慢汁の妊娠確率からですが、非常に可能性は低く、我慢汁の含まれる精子で妊娠する可能性は低いとのことです。

しかし、0%ではないので、可能性が非常に低くても妊娠する可能性はあります。

 

我慢汁の妊娠確率は研究されていないようなので、具体的な妊娠確率の数値は不明でした。

ちなみに生挿入の膣外射精(外出し)の場合は4~18%程度の確率で妊娠の確率があるといわれているそうです。

 

仮に4%の確率で考えると、生挿入の膣外射精を行った25組のうち1組は妊娠してしまうということになります。

この例え方だと、25組中1組だし、自分達が妊娠してしまうようなことはないと思う人も多いでしょう。

 

しかし、これは考え方の違いで25回,生挿入で膣外射精をした場合、1回は妊娠してしまうということになります。

 

妊娠を避けるために生挿入で膣外射精を楽しんでいても、回数を重ねれば妊娠の確率はあるということになります。

もちろん、この妊娠確率は膣外射精の場合ですが、我慢汁でも生挿入を何回も楽しんでいると、妊娠確率は高まるということです。

 

ちなみに生挿入の危険日というのは存在します。

これは生挿入に限らず、セックスをする際に妊娠してしまう可能性が高い日が危険日になります。

危険日の具体的な時期は女性の排卵日となります。

 

排卵日は卵子が分泌される日ですが、この日は精子との受精確率が高まる時期なので、妊娠の可能性が必然的に高くなってしまいます。

妊娠を狙うカップルであれば、この排卵日を狙って膣内射精をするのですが、妊娠を望んでいないカップルの場合はこの時期の生挿入を避けるべきです。

 

妊娠を避けるためにセックスまで我慢するのは酷なので、危険日は避妊に対していつもより意識して、コンドームの装着やピルなどの使用を検討してください。

我慢汁で妊娠した体験談

我慢汁で妊娠する可能性はわかったけど、実際に我慢汁で妊娠した人っているの?

我慢汁で妊娠した体験談

 

まだ、我慢汁で妊娠する可能性を信じていない人もいるでしょう。

今回はそのような人に向けて我慢汁で実際に妊娠した体験談について紹介していきます。

 

我慢汁で妊娠した体験談は実際のお話なので、参考になる部分が多いです。

我慢汁での妊娠を避けたい人は必ずご覧になってください。

 

我慢汁で妊娠した体験談 Aさん

 

私は彼氏とのセックスが積極的で、週に3回~4回のペースを3年くらい過ごしています。

 

3年の交際をしているカップルの中では、セックスに対して積極的なほうだと自負しています。

 

最初のセックスは彼氏にコンドームをつけていたので、万全の避妊をしていました。

 

そのため、妊娠する可能性はコンドームが破れたときくらいだったので、安心してセックスをしていた記憶があります。

 

しかし、最近は彼氏がより快感を得るためにコンドームを装着せずに挿入してきます。

 

私自身もコンドームを装着するよりも生のペニスの方が気持ち良いので満足していました。

 

射精は膣外射精だったし、当時は妊娠に対してそこまで恐れていませんでした。

 

我慢汁で妊娠することは情報として認識していたのですが、私達は我慢汁で妊娠するなど一切思っていなかったところ、私自身がいつもと様子が違い、生理が来なくなってしまいました。

 

「ストレスや疲れによる生理の遅れかな?」という軽い気持ちで過ごしていたのですが、さすがに生理がこないと不安なのでドラッグストアで売っている簡易的な妊娠検査薬を試してみました。

 

そうすると、妊娠している疑いにばっちり反応が出てしまい、そのまま産婦人科に行くと妊娠していることを産婦人科の先生から告げられました。

 

幸いにも私達は結婚を予定して交際していたので、そのままできちゃった結婚という形で籍を入れて出産する方向で考えました。

 

私たちに結婚の意志がなかった場合、どんな運命・人生になっていたか気になるところですが、膣内射精をしなくても妊娠してしまった私に驚いています。

 

膣外射精でも我慢汁が膣内に注入されることによって、妊娠する可能性があるので十分注意しましょう。

我慢汁で妊娠した体験談 Bさん

 

私はセフレを数多く抱えている女で彼氏はおらず、セックスがしたいときはセフレの男性に声をかけています。

 

セフレ関係の相手にもよりますが、「イケメンで彼氏にしても良いかな?」と思う人とはいつも生挿入セックスです。

 

生挿入は妊娠のリスクがあるということは重々承知だったのですが、生挿入は私自身も気持ち良いですし、男性側も気持ち良いと思ったので生挿入で楽しんでいました。

 

我慢汁自体はカウパー腺液というものなので、我慢汁が直接的な原因で妊娠することはないとのこと。

 

しかし、我慢汁と一緒に精子が少しだけ含まれていることで、わずかな精子が膣内から子宮の方に入り込んでしまうと、卵子と受精してしまい妊娠してしまう可能性はあるとのことでした。

 

我慢汁と一緒に分泌される精子なんて少ないし、それが原因で妊娠なんてありえないと思っていました。

 

実際に生挿入しても射精のときはきちんとゴムをつけていましたし、私が妊娠するなんか一ミリも考えていなかったです。

 

しかし、数多くの生挿入を楽しんだことによって、我慢汁と一緒に分泌された精子が受精したのでしょうか?妊娠してしまいました。

 

しかも、不特定多数の男性と関係を持っていたので誰の子かも不明。

 

DNA検査をすればわかるのでしょうが、妊娠したことをセフレに伝えても逃げられて終わりなので、下ろすことにしました。

 

大事な命をこのような形で授かりましたが、下ろしてしまう行為に対しては躊躇しました。

 

今回ばかりは、私に養育する意志と勇気がなかったので、このような形になりました。

 

射精時はしっかり避妊していたのにもかかわらず、我慢汁によって妊娠してしまったこと。

 

大事な命を下ろしてしまったことを反省して、今後は生挿入を控えたいと思います。

我慢汁で妊娠した体験談 Cさん

 

私は今の彼氏と交際して2年近く経っており、彼氏との結婚も前向きに考えています。

 

しかし、今は2人が結婚をできるような時期ではないので、交際関係を続けている形になります。

 

2人の夜の関係は順調でお互い仕事が忙しくて合えないことも多いのですが、二人で会ったときは必ずセックスを楽しんでいます。

 

生挿入に対して二人とも積極的ではないのですが、ゴムをつけているときと比べて、生挿入は気持ち良いので定期的に生挿入で楽しんでいます。

 

生挿入は膣内射精をしなくても我慢汁と一緒に精子が混入するという話を聞いたことがあるので、少し不安もありました。

 

妊娠は避けたかったので射精のときはゴムを装着していたのですが、最近は快感を得るために生で膣外射精を楽しんでいます。

 

妊娠する不安と気持ち良さで複雑ですが、1年くらいこの形でセックスを楽しんでいても妊娠していません。

 

我慢汁で妊娠する人もいるそうですが、我慢汁での妊娠確率はかなり低いと思います。

 

しかし、妊娠の可能性がゼロというわけではないので注意は必要です。

 

私達は排卵日などの危険日は生挿入をしないように気をつけています。

我慢汁と精子の違い徹底比較!味や成分、ニオイはどう?

我慢汁で妊娠してしまう可能性があることは、前述までの記事で知っていただけたはずです。

我慢汁と精子の違い

次は、我慢汁と精子の具体的な違いを紹介していきます。

味や成分、ニオイの違いについてもわかりやすくご紹介します。

我慢汁と精子の違いは何となくわかるはずです。

 

前述でも紹介したように、我慢汁はカウパー腺液といわれており、我慢汁の主な成分は尿です。

そのため、我慢汁の味は少ししょっぱく、多少アンモニアのニオイがあるでしょう。

 

しかし、我慢汁は尿と違い少量ということもあってニオイに関してはあまり感じることがない人が多いです。

見た目に関してはほぼ透明なので、成分的にも見た目的にもほとんど尿と変わらないということになります。

 

そんな我慢汁が、尿道を通って分泌されるときに精子が含まれることがあるので、それによって妊娠してしまう可能性が出てしまうということになります。

 

精子はペニスから分泌される白い液体に含まれているもので、我慢汁と比べても見た目の違いは一目瞭然です。

この白い液には精液と精子が含まれているので、この精子が女性の卵子と受精することで妊娠します。

 

精子の具体的な成分は嚢腺から分泌される分泌物と前立腺から分泌される分泌物を合わせたものが成分です。

そのため、尿が主な成分の我慢汁とは大きな違いがあります。

 

味に関してですが、我慢汁はしょっぱい味がするのに対して、精子は苦みを感じてしまいます。

精子の場合は味の違いの個人差があるそうで、タバコを吸っている人は精子に対して違う味の感じ方をするのだとか…味に関しても両者に大きな違いがあることがわかりました。

 

また、精子のニオイは一般的にイカ臭いやイカのニオイなどといわれることがあります。

実際にイカのニオイと近いかは個人差があると思いますが、生臭さという意味では似たようなニオイを感じることができます。

我慢汁の場合はアンモニア臭なので、ニオイに関しても違いがあるとのことです。

 

今回紹介したように、我慢汁と精子では大きな違いがあって、味、成分、ニオイの面でも明らかな違いがあるので誰でも違いを判断することはできるでしょう。

我慢汁が出ない!?出し方のコツまとめ

普通にセックスを楽しんでいれば、ほとんどの男性の尿道から我慢汁は分泌されます。

我慢汁の出し方のコツ

しかし、我慢汁が分泌される量は個人差があるようで、女性のテクニック次第でも我慢汁の分泌量が変わってくることがわかりました。

そんな我慢汁が出ない人やいっぱい出したい人に向けて、我慢汁の出し方のコツを紹介していきます。

我慢汁の出し方のコツですが、難しく考える必要はなく男性に気持ちよくなってもらい、性的興奮を高めることを意識すれば自然と我慢汁が分泌されるようになります。

しかし、男性の性的興奮を高めるのは簡単ではないですよね。

 

我慢汁が出ない人やたくさん出したい人に向けての簡単なコツは、手コキやフェラをなるべく多くすることです。

乳首攻めや首筋攻めも男性によっては性的興奮の効果があるのですが、一番手っ取りぱやく興奮を得てもらうためにはペニスの刺激となります。

 

亀頭が弱い男性であれば、亀頭を重点的に舌でペロペロすると興奮度が高まり、普段我慢汁が出ない人も大きな興奮感を得ることによって、我慢汁がたくさん出てくるでしょう。

 

ローションなどを使って手コキをすれば、より我慢汁がたくさん出ると思いますが、ローションによって我慢汁の分泌がわからなくなってしまうデメリットもあります。

我慢汁をたくさん分泌する出し方のコツとしては、男性のペニスに刺激を与えることが一番効果的です。

手コキくらいであれば、セックスに対して自信がない女性でも実践できると思うので、彼氏の我慢汁をたくさん出したい人は参考にしてください。

我慢汁が多い男は早漏ってマジ!?

我慢汁が多い男性は早漏って本当なの?

我慢汁が多い男は早漏?

 

インターネット上では、我慢汁が多い男性は早漏という情報がたくさん出回っています。

次は、我慢汁が多い男性が早漏という真相について紹介します。

 

我慢汁は、その名の通り射精を我慢することによって分泌される成分です。

そのため我慢汁が多い=射精を我慢していることになります。

 

すなわち射精を我慢しているから精子が分泌されていないだけで、射精に近い状態までペニスは到達しているということです。

察しがいい人は何となく答えがわかったはずです。

男性は性的興奮が高まれば、射精の準備を始めることになります。

 

その準備の段階で我慢汁が分泌されるのですが、射精の直前になるほど我慢汁は多く分泌されます。

例えば、女性のフェラによって興奮が高まり、我慢汁がたくさん分泌されるということはあるでしょう。

 

その後2人の気分が高まって挿入をする流れが一般的ですが、フェラで射精直前まで興奮感を得たことから、肝心の挿入の部分が長く続かず早漏となってしまうことはよくあることです。

これを防ぐためには、我慢汁そのものを多く分泌させないというよりは、ペニスに刺激をあまり与えすぎないということが大切になってきます。

 

我慢汁が多く分泌される=早漏というわけではなく、あくまでも我慢汁が多く分泌されるくらい興奮が高まっているから、挿入時に早漏と思われてしまうようです。

我慢汁を大量に増やす方法

我慢汁を大量に増やす方法はあるのでしょうか?

我慢汁を大量に増やす方法

我慢汁が分泌される原因は何となくわかっていただけたはずです。

基本的には性的興奮によって分泌されるとのことですが、我慢汁を大量に増やす方法としてチントレサプリメントの力を借りる方法もあります。

 

ペニスを大きくするためや早漏を改善するためにチントレやサプリメントを使うのは納得ですが、我慢汁を大量に増やすためのチントレやサプリメントがあることを知っている人は少ないでしょう。

我慢汁を大量に増やす方法として一番良いのは興奮する状態を作るということですが、それは前述でも紹介しましたし、個人差があります。

 

興奮感の他にも、男性ホルモンの量を増やすことで我慢汁を増やすことができるそうです。

男性ホルモン(テストステロン)の分泌量と我慢汁の量は比例しているとのことで、男性ホルモンを増やせば増やすほど大量の我慢汁を分泌できます。

 

もちろん、上限はあるのでドバドバ出るわけではありません。

MEMO
男性ホルモンを手っ取り早く増やすためにはサプリメントがオススメです。

亜鉛やアミノ酸が多く含まれているサプリメントを摂取することで、誰でも簡単に男性ホルモンを増加させて我慢汁を大量に増やすことができます。

我慢汁も増やせる!増大サプリおすすめランキングはこちら!

ペニス増大サプリおすすめ人気ランキング
ペニス増大サプリおすすめ人気ランキング3選!効果と口コミを実際に飲んで検証レビュー!

サプリメントなどのお金をかけたくない人は筋トレなどの方法もあります。

チントレではなく、身体全体に筋肉をつけることを意識し、有酸素運動を取り入れることができたらより効果的です。

筋トレなどの運動で男性ホルモンのテストステロンが多く分泌されるので、お金をかけずに大量の我慢汁を分泌したい人は筋トレや軽い運動を心がけましょう。

我慢汁ダラダラ!男を最高に興奮させる女のエッチテクニック

我慢汁をダラダラ分泌される女子のテクニック方法を紹介します。

我慢汁ダラダラ!男を最高に興奮させる女のエッチテクニック

男性側が我慢汁をたくさん分泌させるために努力していても、女子のテクニックガ期待できないレベルだと、我慢汁は分泌されません。

しかし、難しく考える必要はなく、ちょっとした女子のテクニックで我慢汁を大量に分泌することが可能になります。

前述でも紹介した手コキやフェラ、亀頭責めというのは我慢汁を分泌させるのに効果的なテクニックです。

 

そんな女子のテクニックに加えて、乳首の開発や素股などを覚えることによって我慢汁をダラダラ分泌させることが可能です。

具体的な乳首の開発方法は、とても簡単で女性が乳首を舐められると感じてしまうのと同じように、男性も乳首を責められると感じます。

 

もちろん、個人差があるので一概に乳首開発がオススメというわけではないのですが、ほとんどの人が乳首を責めることで感じてくれるでしょう。

手で乳首をコリコリするのも良いですが、激しくしてしまうと女性と同じように痛みを感じます。

なるべく女性の舌でペロペロすることを意識すると、男性が痛みを感じずに乳首責めの快感を得てくれるはずです。

 

乳首開発といっても、基本は乳首を舐めるだけなので、誰でも簡単に実践できる女子のテクニック方法となります。

素股も我慢汁を大量に分泌させるのにオススメのテクニックです。

挿入できないけど、ぬるぬるのまんこによって、ペニスに刺激が伝わるので男性の興奮度が高まります。

 

しかし、今回しつこく紹介したように生ペニスで素股をしていると、我慢汁と一緒に精子が膣内に入り込むことがあります。

注意
妊娠してしまう可能性も少なからずあるので、妊娠を絶対避けたい人は素股をする際に注意が必要です。

オナ禁中に我慢汁が出たら意味なし!

オナ禁をすることによって、射精の際の快感をいつも以上に味わうことができますし、男性ホルモンを高めることによって、セックスの際に我慢汁を多く分泌させることが可能になります。

オナ禁中に我慢汁はおさえよう!

より多くの快感や我慢汁の分泌を求めるためにオナ禁をする人もいるのですが、オナ禁をする際も注意が必要です。

オナ禁とは射精しなければ、オナ禁という認識もできますが、一般的には我慢汁が分泌されるとオナ禁の意味がなくなってしまうとのこと。

 

具体的な真相については不明ですが、我慢汁によって男性ホルモンが分泌してしまい、オナ禁をしていた根本的な意味がなくなるからでしょうか…?

そんな我慢汁は、ペニスに直接的な刺激を与えなくても分泌されてしまいます。

 

例えば、エロ画像やエッチなことを考えるだけでも脳が反応してしまい、交尾準備の指令を出して我慢汁の分泌が始まります。

そのため、ペニスに物理的な刺激を与えなくても、エロ系の雑誌や画像、妄想が我慢汁の分泌を促進するので、オナ禁をする間はそのようなことから離れるようにしなければなりません。

 

そもそも、そこまでしてオナ禁をするメリットがあるのか?ないのか?

そこの真偽はオナ禁を検討しているあなたが判断すれば良いですが、オナ禁をすることを覚悟したら、我慢汁をなるべく分泌させないようにした方がいいということですね。

 

しかし、人によってはオナ禁の基準が違うようで、エロいことを想像して分泌された我慢汁はセーフだけど、物理的(手コキ/オナニー)に分泌させた我慢汁はアウトというような基準もあるそうです。

オナ禁の判断基準は個人差があるとのことですが、基本的にはオナ禁=我慢汁の分泌も我慢したほうがいいでしょう。

我慢汁まとめ

いかがでしたか?今回は我慢汁について紹介しました。

我慢汁について

我慢汁と精子の違いは何となくわかるけど、成分の違いや分泌される流れを知らなかった人も多いでしょう。

生挿入をしてしまうと、我慢汁と一緒に分泌された精子が膣内から卵子に受精してしまい、妊娠してしまうということもあるので、妊娠を避けたい人はコンドームの装着など避妊をきちんとする必要がわかりました。

 

我慢汁は男性の興奮度の一つの指標でもあるので、女子のテクニック次第で大量の我慢汁を分泌させることが可能です。

我慢汁を多く分泌させたい場合は手コキやフェラのテクニックを身につけましょう。

そんなあなたのセックスライフを私は応援しています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。