疲れマラの意味と原理・対処法!授業中や残業中に勃起するのは命の危機だった!?

疲れマラってご存知ですか?聞いたことがない人も多いはずです。

今回は疲れマラの意味を解説し、疲れマラになってしまう原因や原理についてわかりやすく紹介しています。

疲れマラの対処法についても掲載しているので、疲れマラで悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

疲れマラとは?意味を解説!

皆さん疲れマラとはなんなのか意味まで知っている人は少ないのでは?

何となく聞いたことがある言葉だけど、あまり意味を知らないという人も多いはずです。

疲れマラとは?意味を解説!

疲れマラとは、「疲れ」という単語が入っていることから、疲れているのにも関わらず勃起をする現象のことを「疲れマラ」と言います。

「マラ」はあまり直結するような意味はなさそうですが、とにかく前述で紹介した意味となります。

例えば、会議などで体が疲れて、帰宅も遅いのに自宅に帰ってゆっくりしていたら勃起してしまったという経験をしたことがある人もいるでしょう。

まさにそれが疲れマラの現象で、社会人の方なら言葉の意味は知らずとも、このような経験をしている人が多いはずです。

疲れマラの原理と原因

疲れマラの原理と原因ってなんだろう?

疲れマラの原理と原因

疲れマラがどのような現象なのか、前述の紹介で知っていただけたはずです。

心身が疲れているのにも関わらず、ペニスが勃起してしまうのは不思議ですよね。

そんな疲れマラが起きてしまう原理と原因に紹介します。

疲れマラが起きてしまう原理と原因ですが、「カテコールアミン」というのが大きく関わっていることがわかりました。

カテコールアミンとは、体力の限界を感知すると、体内で分泌されます。

カテコールアミンは「アドレナリン」「ノルアドレナリン」「ドーパミン」の3つの要素から構成されており、そのうちのアドレナリンが90%近く占めています。

そのため、人間の体を叱咤激励してくれる働きが急激に高まります。

また、このホルモンには心臓や血管を収縮させる作用があるので、海綿体に血液が流入しやすくなって、勃起が起こりやすい状態になります。

わかりやすく伝えると、疲れてしまうと興奮作用が働いてしまうので勃起する可能性が高まるということです。

これが疲れマラが発祥してしまう原理と原因となります。

疲れマラが頻繁に起こってしまうということは、身体としての機能がきちんとしている証拠にもなりますが、日常生活で疲れやストレスを溜めてしまっている指標にもなります。

たまに起きてしまう疲れマラであれば、特に気にする必要はありませんが、疲れマラが続く場合は休養も検討してください。

疲れマラで黒歴史!やらかし体験談

疲れマラの体験談を聞いてください!

疲れマラで黒歴史!やらかし体験談

学校や会議中に疲れマラが勃発してしまった経験をした人もいるでしょう。

実際に疲れマラの被害が絶大です。次は疲れマラのやらかし体験談を紹介します。

男子高校生Aさんの体験談

私は高校生なのですが、アルバイトと学校生活、そして部活動で忙しくしていました。

正直、授業中は疲れきっていることも多く、授業を聞かずにボーっとしていることもありました。

私が疲れマラが多くよく起きるのは学校の授業中です。

もちろん、授業中であれば私の股間に視線が向くことはないので特に気にしていませんでした。

そんなある日疲れすぎていて睡魔と闘っている日がありました。

授業が終わる2分前に疲れマラ!すぐに落ち着くだろうと思っていたら、授業のチャイムが鳴ってしまいました。

授業が終われば、生徒全員が起立して挨拶をします。

学生服はピチピチなので勃起した部分がもっこりしてしまい、起立してしまうと確実にバレます。

チャイムが鳴った以上は勃起した状態でも挨拶しなければならないので、隠しながら授業の終わりの挨拶をしました。

振り返ってみれば、高校時代にこのような経験をしたことは数十回とあって、誰かに見られていないか一人で恥ずかしさを抱えながら隠していました。

バレてはいないと思いますが、疲れマラが起こってしまうあるあるの場所だと思います。

大卒社会人Bさんの体験談

私は大学を卒業して4年目の社会人です。配属している部署では4年在籍していることもあって、仕事をある程度任される役職も頂きました。

そのため毎月のように会議があるので、会議前日は遅くまで資料を作ることがあります。

私が疲れマラが発生したのは女性社員も参加する会議中でした。

会議当日は上司がみんなの前でパワーポイントを使用しながらお話しています。

3分後には私の出番となります。そんな時にペニスがもっこり…疲れマラがでました。

3分もしないうちに私は皆さんの前で会議について話すことがあります。

しかし、勃起している状態を女性に見られてしまうのは恥ずかしいどころか、セクハラになってしまいます。

とりあえず、勃起が収まることに集中し、私の出番では勃起度30%くらいに収まりました。

特に気にしなければ目立つわけではなかったのでよかったですが、久しぶりに疲れマラが原因で焦った出来事でした。

疲れマラ対策!ならないようにするために

疲れマラ対策について紹介していきます。

疲れマラ対策!ならないようにするために

もう疲れマラで悩みたくない!

授業や会議中の疲れマラをなんとしても避けたい人は多いはずです。

とにかく休養する

疲れマラの原因は前述でも紹介したので、知っていただけているはずです。

疲れマラは身体の疲れを理由に起きてしまいます。逆にいえば、休養をすることで疲れマラ対策にもなります。

いくつか疲れマラ対策はありますが、休養は根本的な原因の対策方法になるので、一番オススメです。

疲れマラが起きてほしくない時の直前に射精する

どうしても疲れマラになってほしくないときもあるはずです。

例えば会議中や大事な講演会などです。疲れマラ対策の一つで休養というのがありますが、今さら休養する時間を費やせないこともあるでしょう。

その場合は直前にマスターベーションをして射精しておきましょう。

根本的な対策ではありませんが、直前に性処理をすれば大事なときに疲れマラの可能性を抑えてくれるはずです。

男性の場合はトイレなどで簡単に射精ができると思うので、どうしても疲れマラになりたくない人は緊急の対策法として覚えておきましょう。

疲れマラ対処法!なってしまった時すばやく鎮めるコツ!

疲れマラの対処法をこっそり公開していきます。

疲れマラ対処法!なってしまった時すばやく鎮めるコツ!

疲れマラの対策をしたのに大事なところで勃ってしてしまった!

こんな経験をした人もいるはずです。

疲れマラが起こったからといって焦る必要はありません。

勃起を収める対処法があるので、疲れマラがでたときは今から紹介する対処法を実践してください。

足やふくらはぎに力を入れる

勃起を抑制するために足やふくらはぎに力を入れる対処法は有名ですよね。

何となくオカルトな雰囲気がありますが、足やふくらはぎに力を入れることで勃起を抑える効果があります。

足や筋肉に力を入れることによって、筋肉は緊張します。

この動作を30秒から1分ほど続けることで自律神経の交感神経が優位に、その後は血管が収縮して、勃起が収まる効果期待できます。

足やふくらはぎに力を入れる対処法はきちんとした理由があるということがわかります。

この対処法だと、どこでも気軽にできるのでオススメですね。

射精する

疲れマラになってしまったら、開き直って射精しましょう。

そうすれば一時的に疲れマラを抑えることが可能です。

しかし、会議中や講演会の最中に射精するのは難しいですよね。

疲れマラの対処法としては手っ取り早そうですが、そもそも射精するような時間や場所がないと厳しいです。

対処法としては抜群な効果がありそうですが、この対処法が使えるタイミングは限られてきます。

疲れマラは女もなるって本当?

疲れマラは女のヒトもなるって本当なのでしょうか。

疲れマラは女もなるって本当?

男性は疲れマラになるけど、女性は疲れマラとかあるの?

結論から申し上げると、基本的に女性は疲れマラになりません。

理由としては根本的に男性と女性の身体の構造が違うからです。

男性の場合は「疲れマラ=勃起」というの主流で、女性の場合は「疲れマラ=?」となってしまいます。

男性のように勃起(クリトリスは別)するものがないので、疲れを理由に疲れマラが発祥することはありません。

よく勘違いしているのが、疲れマラ=性的欲求ではありません。

実際にセックスのことや性欲の有無に関係なく、疲れマラは発生してしまいます。

もちろん、疲れマラを理由に射精する人もいますが、疲れマラの根本的な原因は身体の疲れです。

むしろ女性の場合は疲れきっていると、性欲どころか苛立ちやストレスの方を多く抱える傾向にあります。

そのため、疲れマラは男性特有の症状ということになります。

疲れマラまとめ

いかがでしたか?

今回は疲れマラについて紹介しました。

疲れマラまとめ

記事のまとめですが、疲れマラの原因と理由は「疲れ」。

休養をすることで疲れマラの発症率を下げることが可能です。

なってしまった場合は足やふくらはぎに力を入れることで、勃起力を下げることができます。

ちなみに疲れマラは男性特有の症状なので、女性が疲れマラになるのはほとんどないです。

女性の場合は生理や月経の周期によって胸が張ったり性欲が増減したりすることはあります。

疲れマラが頻繁に起こってしまう場合は疲れが溜まっている証拠なので、きちんと休養するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。