ちんこでバックから挿入!やり方・コツ・腰の使い方!ピストンだけじゃダメ!

ちんこでバックから挿入するやり方・コツ・腰の使い方について紹介します!

ちんこでバックから挿入する場合、ピストン運動だけでは事足りない場合が多いです。

バックでの挿入がよくわからない・気持ちよくさせられない人に必見の情報となります!

バックで挿入するやり方やコツ!

バックで挿入するやり方のコツを紹介します!

バックで挿入するやり方やコツ!

バックで挿入する場合、膣の入口が全く見えないというわけではありませんが、やや目視しづらい状態です。

そのため、バック挿入に慣れていなかった場合は挿入するのに手間取ってしまうかもしれません。

そんな時は、膣の入口がしっかりと見える体位であらかじめ挿入して、バックに体位を変えるのをおすすめします。

一番のおすすめは、最初に正常位で挿入して、自分と相手の女性で体勢を変えてバックに変更するやり方です。

直接バックに挿入する場合の注意点ですが、挿入口が見えづらいせいで挿入できない問題を解決するのが一番だと知っておくことでしょう。

例えば、愛撫を充分行って膣口を濡らしておけば、バックでの挿入も多少はやりやすくなります。

注意点

正常位では挿入できると思ったらいっきに挿入するのも悪くはありませんが、バックの場合は女性が痛みを感じやすいです。

そのため、バックで挿入するときはゆっくりとちんこを奥に持っていきましょう。

一度挿入できたら女性側がバックの体位に慣れてくれるので、後はガンガン突いたりかき混ぜるように腰を動かして問題はありません。

チェック
バックは特に「下付き」の膣形状をしている女性と相性がいいので、彼女の膣を触ってみて下付きだと感じた場合は、バックでの挿入はイメージできるようにしておきましょう。

 

バック挿入前の正常位は適当にしてはいけません。

正常位の気持ち良さでバックの気持ち良さも変わるかもしれません!

↓↓↓

正常位の動き方・ペニスの角度・深さなど徹底マスター!

気持ち良くバック挿入させてもらうために!

バックで挿入したら腰の振り方はただ激しいピストンだけではダメ!

バックで挿入する場合の腰の振り方を紹介します。

バックで挿入したら腰の振り方はただ激しいピストンだけではダメ!

バックで挿入後に腰を振りますが、単純な激しいピストンだけでは女性を感じさせられません。

もちろん、激しいピストンが好きな女性もいますが、それだとどうしても攻める部位が単調化してしまい、セックス全体がマンネリとなってしまいます。

チェック
大切なのは「女性の性感帯を攻める事」であり、自分が気持ちよくなるためにピストンするわけではないと頭に入れておきましょう。

バックで挿入してガンガン突く場合は、「ポルチオを攻める時」です。

スパートで自分が射精しそうな時ほど自然と激しいピストンをしてしまいますが、彼女を満足させてあげるのを考えておく事をおすすめします。

おすすめのバック挿入後の腰の動かし方は、「はじめはゆっくり」を心掛ける、「突くだけでなくかき混ぜる動きも混ぜる」です。

はじめはゆっくりバックで挿入するのはもはや定番で、これはバックが正常位と比べて挿入しづらいのが理由で定番になっていると考えてください。

Gスポット・裏Gスポットが性感帯である女性には、かき混ぜるように腰を不規則に動かすのもおすすめです。

ポイント
腰を動かす際には、自分が女性の腰を持ってから動かすのがおすすめで、かき混ぜる動きにしてもピストン運動をするにしても変わりません。

バック挿入で使えるテクニック!AV男優から学ぶ!

バックで挿入する際のテクニックを紹介します!

バック挿入で使えるテクニック!AV男優から学ぶ!

バックの挿入を男女ともに気持ちいいものにするために、いくつかのテクニックが存在します。

AV男優たちも実際に活用しているバック挿入のテクニックなので、自分ももっとバックでの挿入を楽しみたいと思っている人は、ぜひ実践してみてください!

ひとつ目は、バック挿入時に「女性に足を閉じて貰う」です。

バックの際に「足を閉じて?」と頼むだけで構いません。

ポイント
足を閉じると膣が締まるようになり、自分が気持ちいいのはもちろん、女性もペニスが膣全体に当てられるようになり、さらに気持ちよくなってくれます。

また、バックは後ろから覆いかぶさるような体位ですので、目の前には後ろを向いている無防備な女性がいると考えてください。

自分の手は完全フリーですので、バック挿入時に愛撫できるようになると、さらにセックスが楽しくなります。

これは、バック挿入後に腰を動かす事に集中しすぎなければ、誰にでも活用できるバック挿入のテクニックです!

こちらからは女性のお尻が見えているので、お尻を愛撫するのもおすすめです。

チェック

また、Mな女性にはバックで挿入後のスパンキングも効果があるかもしれません。

もちろん、バック挿入時に手を胸に持って行って胸を精一杯愛撫するのも良いでしょう。

これは、女性がどの部分を愛撫されるのが好きかで意思決定を行ってください。

バック挿入で女性が中イキしやすい体位!

バック挿入で女性が中イキしやすい体位について紹介します!

バック挿入で女性が中イキしやすい体位!

バック挿入で女性がもっとも中イキしやすい体位は、「寝バック」だと言われています。

もちろん、全ての女性が寝バックで中イキするとは限りません。

あくまで「統計的に女性が気持ちよくなりやすい体位」だと割り切って考えましょう。

寝バックをしたい場合は、女性にうつ伏せになってもらう所からはじめてください。

ポイント
その上から覆いかぶさるようにしてバックから挿入しますが、上から下に挿入するのではなく、ペニスを膣内に滑り込ませるようにして挿入します。

いよいよ腰を動かす時ですが、男性側は「いつもよりも締まりがいいのではないか?」と感じる場合が多いです。

寝バックで強制的に足が閉じられているので、その分膣の締まりがよくなっているのが理由です。

女性側も気持ちよくなれる体位で、男性がペニスをお腹側に押し付けるように刺激できるからです。

主にGスポットを刺激するのに便利です。

Gスポットが性感帯である女性は、寝バックの挿入で中イキできる可能性が各段に上がるのだと考えてください!

寝バックは身体と身体が密着しているのもおすすめポイントのひとつです。

お互いに顔は見れませんが、女性を包み込むような体位なので女性の幸福感・満足感はある程度は保証されています。

 

男女で多少違いがありますが、共通してお互いメリットがあり、「気持ちいい」体位は寝バックのほかにもあります。

↓↓↓

気持ちいいセックスの体位とちんこのテクニックガイド!

女性から「もっと!」とせがまれるようなテクニックを身に着けてくださいね。

バック挿入の深さと角度を極めよう!

バック挿入の深さ・角度について紹介します。

バック挿入の深さと角度を極めよう!

バック挿入の深さや角度を調整すると、やや挿入しづらい体位であるバックでもスムーズに挿入できるかもしれません。

そのためには、まずは「彼女の膣形状がどのようなものか」を確かめておく必要があります。

これは、指を挿入してみて彼女の膣が上付きか下付きかを把握するだけで構いません。

バックで挿入する場合は、彼女の膣形状が下付きである方が挿入しやすくなっています。

彼女の膣の形に沿って挿入するようにしてください。

また、自分のちんこの反りが激しい場合も、バック挿入の深さと角度を工夫する必要があります。

下反りだとやや挿入しやすいのですが、上反りの場合はバックで挿入する際に入口と真逆の方向に反っていることになります。

これもバック挿入がしづらくなるポイントのひとつです。

バック挿入のコツ
おすすめは、挿入時に深さと角度を調整するのではなく、あらかじめ正常位等の挿入しやすい体位で挿入して、あとから体位をバックに変更する方法です。

常にペニスが挿入された状態で体勢を変えるので、場合によっては痛みが生じてしまうかもしれません。

ただし、この方法ならバック挿入で手間取って時間がかかる心配もほぼないと考えてください。

 

ただ入れればいいというものではありません。

自分のペニスの形状からどのように挿入したら女性が気持ち良くなるのかを研究し、実際にやってみるしかありません。

↓↓↓

【知らないと損】ペニス挿入方法!コツやテクニックを伝授!気持ちいい深さ、角度を暴露

いろんなコツやテクニックが存在しますが、ここには僕や友達も試行錯誤して得たテクニックを紹介しています。

バック挿入ができない・難しい!原因と対処

バック挿入ができない・難しい場合の原因と対処法を紹介します。

バック挿入ができない・難しい!原因と対処

バック挿入ができない・難しい場合の原因ですが、「挿入時に目視しづらい」のが一番の原因だと考えてください。

挿入口を見れればどこに挿入すればいいとすぐにわかりますが、バックの場合は大抵は上から膣を見下ろす形となるので、挿入口もそこから続く膣形状も把握できません。

バック挿入ができない問題を解消するために、あらかじめこちらが一工夫加える必要があります。

チェック
例えば、「膣をしっかりと濡らしておく」「膣形状を把握しておいて挿入しやすい角度を工夫する」「正常位等からバックへと変更する」等の対処法があります。
この中で一番簡単なバック挿入ができない対処法は、「膣をしっかりと濡らしておく」で、愛撫を入念に行うと実践可能です。

これはバック挿入だけでなくどのセックスでも有効な方法となってくるので、ペニステクニックよりも優先して抑えておきたいポイントとなるでしょう。

それでもバック挿入ができない・難しい場合は、他の対処法も試してみてください。

バック挿入がスムーズにできなかった場合、その時間だけ彼女の興奮も冷めてしまいます。

いままでぐっしょりだった膣内も、いつのまにか全く濡れていなくてさらに挿入しづらい状態になっている可能性もあります!

ちんこでバック挿入のまとめ

ちんこでバック挿入について紹介しました。

ちんこでバック挿入のまとめ

ちんこでバック挿入するのは、正常位と比べた場合だと少しだけ難しいです。

それでも座位や側位よりかは簡単で、バックがメジャーなセックス体位であることから、できないよりはスムーズにできておいた方が絶対にいいです。

まずは、彼女の膣を充分に濡らすことからはじめて、次のステップとして彼女の膣形状をしっかりと把握するようにしてください。

ちんこでバック挿入が上手くいけば、セックスがさらに彩を持つようになり、楽しく気持ちよくなります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。